日々トレ FX ライセンスの購入ページはこちら

ショートカットキーでトレード履歴を表示させるインジケーター「HistoryLine_Shortcut」【無料】

ショートカットキーでトレード履歴表示

指定されたショートカットキーを押すだけでチャート上にトレード履歴を表示/削除することができるインジケーター「HistoryLine_Shortcut」のご紹介。

mt4標準だと手間がかかる

mt4の標準機能でトレード履歴をチャート上に表示させる方法があります。
取引履歴から該当トレードをチャート上にドラッグすれば、チャート上にエントリーと決済を結んだラインが表示されます。

①ターミナルのトレード履歴を表示
②チャート上にドラッグする
③エントリーと決済を結んだライン

しかし、この方法は若干ではありますが、手間がかかります。

  • ターミナルを開いて、口座履歴タブを表示する手間
  • 該当のトレードを探す手間
  • ドラッグする手間

インジケーター「HistoryLine_Shortcut」ではこの手間を省き、指定したショートカットキーを押すだけでチャートと同通貨ペアのトレード履歴をチャート上に全表示させます。
また、トレード履歴が邪魔な時は別の指定したショートカットキーでチャートからトレード履歴を全削除できます。

ショートカットキー(作成)押下でトレード履歴表示。ショートカットキー(削除)押下でトレード履歴削除。

使い方

トレード履歴を表示させるショートカットキーとトレード履歴を削除するショートカットキーをパラメーターで設定できます。
デフォルトはそれぞれ「C」「D」です。(ドロップダウンから選択可能)

トレード履歴の表示/削除対象は、mt4の「口座履歴」タブに一覧表示されているトレードです。
期間表示が短いと、古いトレードが対象にならない点に注意してください。

対象期間の設定方法

①口座履歴エリアで右クリック
②対象期間を設定

トレード記録にも便利

インジケーター「tradeinfo_copy」もチャート上に追加されている状態で
作成されたトレード履歴ラインをダブルクリックすると、トレード情報がコピーされます。

エントリーと決済を結んだ線をダブルクリック

トレード記録ツール「日々トレ FX」の「自動入力」ボタンをクリックすると、日付、pips,枚数、収益(円)が自動入力されます。

自動入力をクリックすると、日付、pips、枚数、収益(円)が自動入力されます。

ダウンロード

「HistoryLine_Shortcut」単体のダウンロードはこちらから

「日々トレ FX」、「tradeinfo_copy」と一緒に使いたい方はこちら。Zipファイルにまとめてあります。

「日々トレ FX」の詳しい使い方です。ご覧ください。

アイキャッチ画像