お知らせ:日々トレ FX PayPal支払いに対応しました

シンプルな注文ツール

mt4の注文、決済位置(利確と損切)の指定をキーボードによる価格入力なしで、チャート上のドラッグ操作のみで行えるようにする便利ツールを開発しました。操作方法も非常にシンプルで使いやすいです。

mt4の標準注文ツールとの違い

mt4で指値、逆指値位置および決済位置を指定するためにはmt4の注文画面からそれぞれの価格を入力しないといけないといけません。
なかなか面倒くさく、しかも入力ミスも多発しやすい(注文価格に損切価格を入力したり…)ので困っている方多いのではないでしょうか。
発注後はチャート上にラインが表示され、ドラッグ操作で動かすことができますが…

それならもう、最初から全てドラッグ操作で位置決めしたい

という思いから本ツールは生まれました。
本ツールではパネルの注文ボタンを押せば、現在価格の近くに注文位置、決済位置を自動指定した状態で発注してくれます。注文位置、決済位置はmt4標準機能でチャート上に表示されるので、あとはこれを自分の好きな位置にドラッグするだけ。
mt4の注文画面を介さないので、ラクに注文できます。

画面

使用方法

成行注文の場合、指定ロットで注文が執行され同時に決済価格(利確と損切)のラインが表示されます。このラインをドラッグしてそれぞれの決済価格を決めてください。

成行注文(買い)
成行注文(売り)

指値、逆指値注文の場合、注文ボタンを押すと指定ロットで指値、逆指値注文が実行され、注文価格と決済価格(利確と損切)のラインが表示されます。このラインをドラッグして注文価格、決済価格を決めてください。
注文位置、決済位置の初期位置は注文方法により異なります。

指値注文(買い)
指値注文(売り)
逆指値注文(買い)
逆指値注文(売り)

設定

mt4でチャート上に注文、決済ラインを表示するには事前設定が必要です。
「ツール」→「オプション」→「チャート」タブを選択。
一番上の「チャート上にポジションとオーダーを表示」をチェックしてください

デフォルトでチェック済みのことが多いですが念のため確認を

パネルの位置(pixel)、パネルサイズはパラメータ入力画面から設定してください

ディスプレイによっては表示が大きすぎたり小さすぎる可能性があります。見やすいサイズを選んでください。

チャート上にEAを追加する方法はこちら(インジケーターとは設定が異なります)

ダウンロード、購入

インジケーター販売プラットフォームgogojungleで販売しております。(税込660円)

https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/36379

デモ口座のみで使える試用版はこちらからダウンロードしてください。