トレード記録ツール 日々トレ FXの操作方法です。
操作に困ったときは本記事をご覧ください。
メイン画面(検索画面)及びトレード新規作成画面の上部、ヘルプボタンをクリックで本記事が開きます。

メイン画面(検索画面)

日々トレ FXを起動するとメイン画面(検索画面)が開きます。
メニュー画面から①トレードの新規作成、②MT4からトレード履歴のインポート、③タグマネージャーの操作ウィンドウを開くことができます。
検索関連機能④検索条件入力→実行→トレード閲覧、⑤お気に入り検索、⑥検索結果のエクセルコピーはこのウィンドウから行います。

①トレードの新規作成

動画

レイアウト

新規作成画面のレイアウトです。
入力項目は①トレード成績、②タグ、③コメント、④チャート画像の4つ。最後に⑤保存を忘れずに。

①-1トレード成績の入力

  • 成績として入力できる項目は、日付、PIPS、枚数(=1万通貨)、収益です。
  • PIPS、枚数、収益は必須入力ではありません。
    (静止チャートでの過去検証やトレード戦略の記録にも使いたいため)
  • 分割決済に対応しております。最大4分割まで。集計値は自動出力されます。
    ナンピンや増し玉、分割決済などを1トレードとして記録できるので便利です。
トレード成績入力エリア

MT4、MT5と連携した自動入力。

インジケーター「tradeinfo_copy」(MT4、MT5両方必須)「historyline_shortcut」(MT4の場合)をチャートに適用した状態で実施してください。

表示中のインジケーター
  1. チャート上にトレード履歴を表示

    MT4の場合…インジケーター「HistoryLine_Shortcut」をチャートに適用した状態で、作成用のキー(デフォルトは「C」)を押してください。

    トレード履歴の作成、削除をショートカットキーで推移

    MT5の場合…チャートプロパティの「表示」タブの「チャート上にポジションとオーダーを表示」にチェックを入れてください。

    MT5チャートプロパティ
  2. 履歴線をダブルクリックでコピー

    「tradeinfo_copy」の機能により、ダブルクリックされたトレードの情報がクリップボードにコピーされます。

    MT5チャート

  3. 成績の貼り付け

    成績入力行の右端、自動入力ボタンをクリックしてください

    自動ボタンをクリック

①-2 タグの入力

ツールバーのタグ設定をクリックすると、タグ設定ウィンドウが開きます。
記録するトレードに当てはまるものをチェックして、OKをクリックすると、タグが設定されます。
選択できるタグはタグマネージャーで作成、編集、削除ができます。

①-4 チャート画像の取り込み

  1. チャート画像のキャプチャ

    専用のキャプチャソフトを使ってチャート画像をコピーしてください。
    基本的にはWindows標準装備のSnipping Toolで十分です。

    Snipping Toolを開いた画面
  2. クリップボード貼り付けボタンをクリック
    クリップボードボタンをクリックで、画像のプレビューが表示され、タブ番号②がアクティブになる
  3. 繰り返す

    チャート画像を複数記録する場合は、新しいタブに切り替えて、再度貼り付けてください。
    枚数が増えるたびにアクティブなタブが増えていきます。

    タブ番号②にチャート画像追加(1時間足)
チャート画像の拡大可能
チャート画像の拡大縮小、平行移動の様子
  • チャート画像はマウススクロールで拡大、縮小できます。
  • マウスドラッグで平行移動も可能です。
  • 画像リセットボタンで元に戻せます。
  • チャートの細かい部分を見たいときに便利です。

(Ver7.0以前は画像ビューワーで拡大表示するやり方でしたが、ウィンドウが増えて使いづらいのとビューワーの設定が導入時に負荷になるため、このような仕様になりました)

②MT4(MT5)からトレード履歴のインポート(別記事)

付属のMT4(MT5)スクリプトを用いてトレード履歴を日々トレ FXにインポートできます。

  • 通貨ペア(タグ登録済みの場合)、日付、PIPS、枚数、収益を記録します。
  • 作成するトレードは選択可能です。
  • 分割トレードにも対応しております。

③タグマネージャー

トレード作成時および検索時に選択できるタグの管理を行います。
ボタン操作で簡単に追加、編集、削除が可能です。

④トレードの検索

④-1 検索条件を入力

  • 検索条件を入力します。日付、PIPS、枚数、収益(円)の上限値下限値、タグ条件式(次項)の検索条件を入力してください。
  • PIPS、枚数、収益の上限値下限値は必須入力ではありません。
  • 検索結果のソート順を指定できます。(④-1-1) ID順、日付昇順、日付降順が選べます。
    (最新20件を選ぶと、検索条件にかかわらず直近で保存された20件のトレードが表示されます)
  • 検索結果の指定グループに属するタグを強調表示することができます。(④-1-2)

④-2 検索条件(タグ条件式)を入力

タグ条件の設定ボタンをクリックすると、タグ条件式の設定ウィンドウが開きます

1-11のボタンでタグ条件式を作成します。

  1. ↑カーソルの位置にANDを挿入します(AND検索)
  2. ↑カーソルの位置にORを挿入します(OR検索)
  3. ↑カーソルの位置にNOTを挿入します(NOT検索)
  4. ↑カーソルの位置に記号”(“を挿入します
  5. ↑カーソルの位置に記号”)”を挿入します
  6. ↑カーソルの位置を一つ左にずらします
  7. ↑カーソルの位置を一つ右にずらします
  8. ↑カーソルの手前のタグおよび論理単語(AND、ORなど)を削除します
  9. タグ条件式をすべてクリアします
  10. ↑カーソルの位置に選択したタグを挿入します
  11. 検索条件の入力を終了します。検索画面に条件式が表示されます。
検索画面にタグ条件式が表示される。

④-3 検索実行

検索実行ボタンをクリックで、検索結果一覧が表示されます。
選択ボタンクリックで、クリックしたトレードの詳細ウィンドウが開きます。

④-4 トレード詳細ウィンドウ

レイアウト

トレード情報の確認以外に、トレード編集、トレード削除、トレード印刷、トレードの移動ができます。

トレード編集

基本的にはトレードの新規作成と同様の操作ですが、編集前の状態にリセットできる機能があります。

トレード削除

詳細画面で、トレードの削除ボタンをクリックしてください。確認ダイアログが表示されますので、OKをクリックしてください。

削除後も残りの検索結果を閲覧可能です。

⑤お気に入り検索(ライセンス購入者限定)

よく使う検索条件はお気に入り登録できます。
お気に入りボタンをクリックで、お気に入り検索ウィンドウが開くので、1つ選択後、OKをクリックしてください。タグ条件式や日付などを毎回入力するのは地味に面倒ですが、その手間を短縮できます。

お気に入り検索条件は編集ボタンから簡単に編集できます。

⑥トレードのエクセル分析(別記事)

日々トレ FXに付属しているエクセルテンプレートでは記録したトレードを分析できます。
統計値の計算や資産曲線の作成ができます。

くわしくはこちらの記事をご覧ください