トレード記録ツール 日々トレ FXのダウンロードから初期設定までの流れを解説します。
アプリの設定に加えて、自動記録用のインジケーター、スクリプトをMT4(MT5)に配置する方法を解説します。

30トレードまで無料記録可能

  • 記録、検索、分析などほぼすべての機能が使えます
  • +αの機能(お気に入り検索、一括印刷)はライセンスが必要です
  • 分析用のエクセルテンプレート、自動記録用のmt4(mt5)インジケーターがセットです。
  • 期間制限はございません。納得するまでお試しいただけます。
ファイル形式:Zip 最新Ver7.1
ダウンロードはこちら

使用環境

  • Windows7,Windows10,Windows11で動作確認済み
  • 画像ファイルの保管に十分な記憶容量
  • ディスプレイの解像度1280×960以上
  • .Net Framework4.7.2以上

初期設定の手順(アプリ)

1.インストール

Zipファイルを展開後、「日々トレ FX インストーラー」内の「Setup.exe」を実行してください
インストールか開始されますので、指示に従ってください(基本的には1分以内、すぐに終わります)

2.保存先フォルダの設定(初回起動時)

初回起動時にデータの保存先を設定します。ダイアログが開きますので、選択後、OKをクリックしてください。記録されたトレード情報や画像データはこの中に保存されます。
「新しいフォルダーを作成」で記録専用のフォルダを新規作成するのがベスト。

保存先フォルダ選択ダイアログ

予期せぬ不具合の原因になるのでデータフォルダの中身は触らないようお願いします。

3. アプリの起動

起動後はサンプルトレードが2件表示されます。
中身を確認後、不要なら削除してください。

4. タグ設定

トレードにつけるタグの設定を行います。
検索結果をクリアした後、メニュー「タグ マネージャー」をクリックしてください。
タグマネージャーのウィンドウが開きます。4つの通貨ペアとサンプルトレードがデフォルトで作成済みです。サンプルトレードのタグは不要なので削除してください(×ボタン)。

必要ならば、いくつかのタグ、グループをあらかじめ作っておいてください。
タグ(グループ)の編集、削除、追加方法は↑画像(動画)の通り。

検索結果クリアしないと起動できない

検索結果が表示された状態でタグマネージャーは起動できません。
必ず起動前にクリアボタンを押して検索条件をクリアしてください。

初期設定の手順(MT4,MT5インジケーター)

1. MT4(MT5)インジケーターをチャートに反映

①MT4の左上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択してください

②MQL4/indicatorsへ移動してください

エクスプローラー。
MQL4/indicatorsを表示中

③日々トレ FXダウンロードフォルダの「自動入力補助ツール/MT4版」の中にある「Tradeinfo_copy.ex4」と「HistoryLine_Shortcut.ex4」を②のフォルダにコピーしてください

④ツールバーからナビゲーターを開き、「インジケーター(バージョンによっては、指標)」の位置で右クリック→更新してください

⑤ ③のインジケーターが出現しますので、チャートにドラッグアンドドロップさせてください。
プロパティ設定ウィンドウが開きます。

HistoryLine_Shortcut、tradeinfo_copyのドラッグアンドドロップ


「tradeinfo_copy」を入れる際は、必ず「全般」タブのDLLの使用を許可するにチェックを入れてください(チェックしないと動作しません)

インジケーターのプロパティ画面


「HistoryLine_Shortcut」は、入れる前にパラメーターの設定を行ってください

MT5の場合

MT5もほぼ同じ手順でできます(②のパスがMQL5/indicatorsだったり微妙な違いはあります)
が、「HistoryLine_ShortCut.ex4」はMT5にはありません。
代わりに「HistoryMoveLines.ex5」を入れてください。

2.MT4(MT5)「csvHibitore」スクリプトを配置

大量データの一括記録用スクリプト「csvHibitore」の準備をします。

①MT4の左上にある「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択してください

②MQL4/Scriptsへ移動してください

エクスプローラー。
MQL4/Scriptsを表示中

③日々トレ FXダウンロードフォルダの「自動入力補助ツール/MT4版」の中にある「csvHibitore.ex4」を②のフォルダにコピーしてください

更新履歴

日々トレ FX

2021/7/14 Ver1.0  新規リリース
2021/7/28 Ver1.1  タグ編集画面の不具合修正、検索画面の不具合修正
2021/10/8 Ver.1.2 トレード新規作成、編集画面でのタブ順序の不具合修正
2021/12/28 Ver1.3 トライアル版を使いやすくする変更
   (検索表示件数の機能制限を削除。起動時にライセンス入力ダイアログ表示しない。)
         トレード編集、閲覧画面に1枚当たりの通貨量を注釈として記載
2022/3/2 Ver2.0  お気に入り検索機能の追加。csvからトレード履歴をインポートする機能の追加。
         トレード閲覧画面でボタンによる前後移動機能を追加。
2022/3/14 Ver2.1 トレード編集画面からの変更内容が閲覧画面、検索結果に反映されない不具合修正。その他軽微な不具合修正
2022/3/21 Ver 2.2 画像パネルの削除ボタン、page topボタンクリックでエラーが出る不具合の修正(Ver2.0以降の不具合)
2022/4/9 Ver 2.3 編集画面から日付変更ができない不具合を修正。チャート画像の縦横比を元画像のまま保持する仕様に変更。一部環境でトレード記録、閲覧画面のウィンドウサイズが小さく表示されるのを修正
2022/4/5 Ver 3.0 印刷機能の追加
2022/6/30 Ver 3.1 タグ設定画面の動画リンクや初回起動時のサンプルトレードの表示など初心者サポート機能の追加
2022/8/13 Ver 3.2 タイトルバーに残り記録可能数を表示。起動時に最近保存されたトレードを20件表示。詳細設定メニューの追加。お気に入り検索の1番目を起動時に実行可能に。
2022/10/30 Ver4.0 分割トレードに対応。トレード閲覧画面のUIを一部改良
2023/1/4 Ver4.1 トレード画像が画像ビューワーで閲覧可能に。閲覧画面で一部ボタン表示の不具合修正。
2023/1/18 Ver4.2 使い方動画のアップデートに伴い、動画リンク先を変更
2023/3/11 Ver 5.0 連続作成機能の追加、インポート時に除外、分割対象トレードを選択可能に。検索結果を全て印刷する機能の追加。
一部ディスプレイで表示が崩れる不具合の修正。分割トレード修正時に単体トレードとして保存される不具合の修正。その他不具合修正。
2023/4/15 Ver.6.0 ライセンスの機能制限を一部変更。通常ライセンスと無制限ライセンスの2種類に。
2024/2/18 Ver 7.0 UIデザインを中心とした大規模アップデート。試用版記録可能数を30に変更
2024/5/18 Ver 7.1 画像の拡大方法をビューワー起動からマウス操作に変更。アイコンボタンに説明追加。お気に入り検索の不具合解消。検索結果表示時に新規作成可能に。

インジケーター tradeinfo_copy

2021/7/14 Ver1.0  新規リリース
2021/12/25 Ver1.1  枚数、pips計算用のインプットパラメーターを削除
2022/3/14 Ver1.2 ラインをダブルクリック後、成功/失敗のメッセージを表示(ターミナルのエキスパート部)
2022/6/1 Ver1.3 注文番号9桁以上のトレード履歴がでコピーできない不具合を修正

インジケーター tradeinfo_copy(mt5)
2022/5/7 Ver 1.0 mt5版の新規作成
2023/1/21 Ver 1.1 分割トレードのコピー時に一部値が正しく反映されない不具合を修正。